翻訳の品質評価をする方法


翻訳依頼の3つのポイント

翻訳を依頼する際に重視するポイントは、「品質・料金・納期」の3つです。

おそらく多くの依頼者は、「品質が高い・料金が安い・納期が早い」に対応できる翻訳会社を理想としているはずです。しかし、そうした翻訳会社を見つけることは簡単ではありません。

なぜなら、料金と納期は翻訳会社から数値化されて提示されるため理解しやすいのですが、翻訳の品質には明確な評価基準が存在しないためです。

「良い翻訳」と「悪い翻訳」の判断基準

言うまでもなく、「正確に翻訳されていること」や「スペルや文法のミスがないこと」は大前提です。加えて、ネイティブが読んでも自然で違和感なく翻訳されていることも基本です。

そのうえで、「文章構成」と「文章表現」がどのようになっているかを確認してみてください。「良い翻訳」は「シンプルな文章構成で、分かりやすい単語や表現」になっています。逆に、「悪い翻訳」は「複雑な文章構成で、難しい単語や表現」が多く見られるはずです。

翻訳をする目的は、ターゲットである読み手に「読んでもらうこと」や「理解してもらうこと」です。そのため、「シンプルでわかりやすい翻訳」の方が好まれ、「良い翻訳」とされています。

翻訳品質の評価が難しい理由

ただし、前述の「良い翻訳」と「悪い翻訳」は、あくまでも品質評価の大原則です。

実際の翻訳では、翻訳の分野や内容はもちろん、翻訳の目的や用途、ターゲットとする読み手も異なります。そのため、臨機応変にカスタマイズして翻訳することが非常に重要になります。

実は、翻訳品質の評価が難しい理由は、このカスタマイズ翻訳のレベル評価が難しいことに起因しています。

翻訳品質を判断する方法

では、このカスタマイズ翻訳がうまく出来ているのかはどのように判断すればよいのでしょうか。

この判断には、カスタマイズ翻訳の基本となる翻訳コンセプトを理解することが出発点になります。翻訳コンセプトは、目的達成に向けて翻訳の方向性を示す設計書で、翻訳担当者への指示書の役割を果たしています。若者向けのファッションに関する翻訳であれば、「堅苦しい表現は避け、気軽に読めるようなカジュアルな単語や表現選びをする」という翻訳コンセプトを依頼者と翻訳会社が共有し、翻訳担当者に指示をします。

そのため、「翻訳コンセプトが的確に設計されていること」、そして「翻訳コンセプトに沿って適切に翻訳されていること」を確認することで、翻訳品質を評価することができます。

まとめ

翻訳の品質評価は簡単ではありませんが、翻訳コンセプトをしっかりと理解することから翻訳品質を評価することができます。

逆から考えれば、翻訳コンセプトを綿密に設計し、適切に翻訳方法をカスタマイズすることができれば、より高いレベルの翻訳品質を実現することができるようになります。

実は、この翻訳コンセプトとカスタマイズ翻訳の完成度が、単に「良い翻訳」になるのか、「最高品質の翻訳」になるのかの分かれ道になります。