翻訳の肝は「品質」・「料金」・「納期」のバランス


翻訳における3つの重要ファクター



翻訳の重要ファクターは「品質」・「料金」・「納期」の3つです。これらの関係性をしっかりと理解すること、これは『理想の翻訳を実現』するためにに不可欠なことです。

牛丼チェーン吉野家のコンセプト「うまい、やすい、はやい。」と同様に、翻訳の理想も「高品質、低料金、短納期」であることは間違いありません。

しかしながら、これを完全に実現することは簡単なことではありません。

なぜなら、原則的に「品質」と「料金や納期」はお互いに相容れないものだからです。高い品質の翻訳を求めれば、必然的にコストと時間が多くかかります。逆に、コストや時間を抑えようとすれば、翻訳の品質に影響が出てしまいます。


こうした原理から言えば、高い品質の翻訳を実現するためには、十分な時間と予算を確保することが大切であることが理解できます。



ただ、非常に厄介なのは、時間や予算が十分に取れない状況で翻訳をしなければならないことも少なくはないことです。

そうした際に重要になるのは「品質」・「料金」・「納期」のバランスです。このバランスは翻訳の内容や目的・用途によって大きく変わってきます。

例えば、社内確認用の参考資料の英訳であれば「品質≦納期<料金」のように「ある程度の品質と納期で安く翻訳したい」となります。緊急のプレスリリースであれば「品質=料金=納期」のように、「料金が高くても、高品質で早く翻訳したい」となります。


翻訳をする際には、「品質」・「料金」・「納期」の関係性をしっかりと理解し、翻訳する内容や目的・用途に合わせて、この3つのバランスをどのようにとっていくかをしっかり考えることが非常に大切です。


たいていのケースではある程度前には翻訳することは決まっているかと思います。

翻訳が決まったタイミングで、「今回の翻訳の目的と用途は?」そして「品質・料金・納期のバランスはどうするか?」について、しっかり考えてみてください。


それを考えるだけで、翻訳プロジェクト全体がはっきりと見え、これまでよりもスムーズに事が進むようになるはずです。